Home > ウェルケアグランプリ~事例研究発表会~とは

Value aging

ウェルケアグランプリ~事例研究発表会~とは

「Value aging(バリューエイジング)」を理念に介護サービスを展開し、高齢になっても出来るだけ自分らしく生活するための支援「自立支援介護」の実践と、「社会や地域に開かれた老人ホーム運営」を目指した取り組みを発表する場として介護の事例研究発表会を「ウェルケアグランプリ」と称して一年に1回開催しております。サンケイビルウェルケアが運営する全ての有料老人ホームで予選会(※)を行い、各ホームにおいて優れた1事例を発表し、審査員と参加者の投票によって最優秀賞を決定致します。

本発表会は、「自立支援介護」の理解と普及を目的にしております。超高齢社会に突入した日本の介護業界において、推し進めていかなければならない介護のあり方、つまり、従来型のお世話型介護ではなく、お元気になる介護「自立支援介護」の最新の取り組みについて、ご紹介致します。

※予選会は、2015年の第2回から実施しております。