Home > 事業コンセプト [健康であるための三つの要素]

Value aging

事業コンセプト

健康であるためには、三つの要素の充実が不可欠です。

「健康とは、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、全てが満たされた状態にあることを言う。単に病気ではないとか、弱ってないということではない」

“Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”

̶ 世界保健機関(WHO)憲章 前文より

サンケイビルウェルケアのValue agingは、そうした健康をサポートする新しい介護のかたち。

Value aging/肉体的サポート・精神的サポート・社会的サポート ココロとカラダを見つめる、トータルヘルスケア。
肉体的サポート
Value aging(バリューエイジング)の基本は自立と自己決定。自分の力で歩くこと、好きなところに行けること、好きなものを食べること、思いを伝えるコミュニケーション。
たとえ、加齢や病気でこうしたことが一時的に出来なくなったとしても回復に向けた自立支援介護のアプローチでサポートします。
水分摂取、栄養、自然排便、活動性(運動)などの自立支援介護の基本ケアで健康の維持・向上を図ります。
精神的サポート
その方の人生観やニーズに合ったサポートのために、面談を通じたアセスメントを重視し、ご入居後もケアプランやサービスを継続的に見直していきます。
ご家族との絆がさらに深まる企画をはじめ、人生の中で培ってこられた尊い経験や知識を新しいコミュニティでも積極的に活かしていただくために、ご入居者様お一人おひとりに役割を持っていただく生活スタイルを提案させていただきます。
ご家族やご友人との絆、誰かのために役立つ意識は健康であり続けるためにとても大切な要素です。
社会的サポート
つい閉鎖的になりがちな高齢者の生活。 しかし、私たちはご入居者様のQOL(生活の質)向上のために積極的な地域との交流を図っていきます。
ご入居者様とご家族だけではなく、地域の方々や子ども達を招いたり、時にはご入居者様が講師となって教室を開いたり、ご自身の企画によるイベントを行うなど、さまざまな交流を企画します。館内だけでなく、外出の機会も積極的に推奨します。
常に社会に向かって開かれている環境があることで、より健康的に生き生きと日々を送っていただけます。